実は、大阪などの都市部のデリヘルはこっそりと料金を下げているんです

夏は性に対して開放的になりやすいです

デリヘルバイトをしていた頃の話なのですが、デリヘルバイトのお客さんは、当たり前ですが彼氏ではありません。こういうお仕事でなければ、一生会うことのないような男性ばかりです。けれども、「どうにでもなれ!」となる瞬間はあるのです。デリヘルバイトを続けている時点で割り切りができたり、ものすごくイヤだったりするわけではないのですが、お客さん相手に性を開放的することだってあるのです。
それがたいてい夏だったりするのですよね。ですから、私が思うに夏のベタベタとした汗だく感が開放的にさせるのかなと思います。普段ならば、汗でびしょびしょになる感覚が嫌になりますが、エッチなことをしているときはわりとどうでも良くなるというのでしょうか、理性が飛んでしまうことのほうが高いように思えます。
ですから、それこそ本当に「どうにでもなれ!」という状態で、一気に気持ちが高潮していったりするのです。そういうときに、お客さんの上に乗っていると、ものすごく入れて欲しくなることがときどきですがあります。それは演技ではないので、わりとすぐに見破られてしまうのですが、そのような性に開放的な状態になってしまうときというのが、大概「夏」なのです。

注目記事

  • 夏は性に対して開放的になりやすいです

    デリヘルバイトをしていた頃の話なのですが、デリヘルバイトのお客さんは、当たり前ですが彼氏ではありません。こういうお仕事でなければ、一生会うことのないよ…

    » くわしく読む

  • デリヘル嬢とのプライベート

    デリヘル嬢は、僕の中で「カワイイ子が入ってもすぐに辞めて行く」イメージです。けれども、デリヘルバイトを辞めてからお付き合いできることもあるのではないか…

    » くわしく読む

  • ご飯を食べながらデリヘルの話をする男性

    先日、主人と子ども達2人の計4人で近所の中華料理屋さんで夕飯を食べに行きました。安くてボリュームのある定食屋のような雰囲気のお店なので、男性客もとても…

    » くわしく読む